2022.08.11

おうちのこと

新商品「エラベルRUG」が登場!あなたはどれをつける?

夏の大決算キャンペーンMARUWAパビリオン開催中♪♪

 

 

人気商品RUGの進化系“エラベルRUG”

わたしは好きを選ぶだけ

わたしの"好き"をもっと”好き”に...
家族の”夢”がもっと”身近”に...
みんなの”好き”が進化する。
選んだ“好き”と新しい暮らし。

 

あなたの“好き”を叶える5つのプランをご用意しました。

エラベルRUGキャンペーンページへクリック!

 

さらにバージョンアップしたいあなたに。。。

 

3つのバージョンアップの中から、今回は断熱性能のHEAT20について、詳しくご紹介します!

HEAT20とは、2009年に住宅業界の関係者や研究者などによって発足した団体「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」のことをいいます。英語名で「Investigation committee of Hyper Enhanced insulation and Advanced Technique for 2020 houses」といい、頭文字を取ってHEAT20と呼ばれています。

 

建築的要素(断熱材・外壁・屋根・サッシなど)によって断熱性を高める
設備的要素(空調機器・エコキュート・給湯器など)によって省エネ性を高める
創エネルギー的要素(太陽光発電・蓄電池)によって創エネ性を高める

これらの3つの要素を住宅に取り入れ、快適で住みやすく、地球にも優しい住宅を普及させることを目指しています。

 

各地域(栃木県は3~5地域)において冬の期間の体感温度を10℃~15℃以上に保ち、暖房機器によって利用されるエネルギー量を削減し、ZEH(ゼロエネルギー住宅)などの優れた省エネ住宅を目指す推奨基準です。

 

HEAT20はG1・G2・G3のグレードに区別されており、それぞれに断熱基準が設けられています。
(数字が大きくなるにつれて厳しい基準となる)

 

G1の基準
冬期間の最低体感温度が、概ね10℃を下回らない。かつ体感温度が15℃未満となる割合が20%程度。

G2の基準
冬期間の最低体感温度が、概ね13℃を下回らない。かつ体感温度が15℃未満となる割合が15%程度。

 

また、断熱性を表す数字として「Ua値」という基準があり、このUa値が低いほど高い断熱性能であることが分かります。HEAT20G1でも、丸和住宅標準装備のZEH基準よりも高い断熱性が求められています。

HEAT20に対応させることは、高い断熱性能を兼ね備えることであり、さまざまなメリットがあります。
気温差が少なく快適な暮らし。結露・カビを防いで健康的。省エネ効果で光熱費を節約。

HEAT20のG1 ・G2  あなたはどちらをつけますか?

 

『エラベルRUG』 + 『ツケタイRUG』  で、快適で”わたしの好き”がたくさんつまった新居を手に入れるチャンスです!

エラベルRUGキャンペーンページへクリック!

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

『栃木で創業49年』

栃木商圏住宅着工棟数14年連続No,1

デザイン性に優れた注文住宅から

高品質で高性能な建売住宅

駅チカ&学チカの広めの分譲地なら丸和住宅へ

【エラベルRUG】←コチラをクリック!

【キメタイBASE】←コチラをクリック!

建売住宅一覧へ】←コチラをクリック!

分譲地一覧へ】←コチラをクリック!

住宅展示場】←家づくりをリアル体感♪