MENU OPEN

地域貢献活動

栃木で創業して45年以上、地域で暮らす皆様に支えられてまいりました。
これからも地域とともに歩み、地域の皆様と喜びを分かち合うため
地域貢献活動を行っています。

良い街づくりへの支援

イベントの売り上げを寄付

街開きや相談会、地域との触れ合いなど、様々なイベントを開催し、社員や協力業者様と出店を運営しています。売り上げは各市町村や関連団体などに寄付し、各種活動に役立ててもらっています。

チャリティーイベントの売り上げを栃木市長へ寄付
分譲地の街開きイベントのの売り上げを鹿沼市長へ寄付

水害見舞金と復旧作業

2015年と2019年の大雨による水害の際、栃木市に寄付を行いました。また、栃木市建設業協同組合に協力して側溝にたまった泥の撤去作業など、水害の復旧作業を行いました。

鈴木栃木市長に目録を手渡す大森代表取締役(2015年)
水害により側溝にたまった泥の撤去作業(2019年)

緊急事態宣言に伴う栃木市への寄付

新型コロナウィルスの感染拡大防止に役立ててもらうために栃木市に寄付を行いました。「外出自粛中の子供たちに楽しく過ごしてもらえれば」と、市では子供用品の購入資金として活用されました。

大川栃木市長に目録を手渡す大森代表取締役
感謝状

栃木市ネーミングライツ事業に参加

マルワアリーナとちぎロゴ

地域貢献の一環として、スポーツを通じて地域に暮らす方々の健康のために体育館の運営に協力できるとの想いから、栃木市ネーミングライツ事業に応募し、栃木市総合運動公園総合体育館の愛称が「マルワアリーナとちぎ」決定しました。

栃木市総合運動公園総合体育館に掲げられた「マルワアリーナとちぎ」のロゴ

地域との触れ合い

住宅博覧会

栃木市を本拠地とするサッカークラブチーム「栃木シティ」に協賛し5月・6月頃に開催しています。サッカーを通じて子供たちの「夢」を応援し、博覧会の売り上げはクラブチームと栃木市に寄付しています。

栃木シティの選手と一緒に入場するエスコートキッズ
選手と一緒に記念撮影

C級グルメ大会

コミュニケーション(Communication)のCから名付けたお客様と社員の交流イベントです。毎年1月に開催しています。売り上げは栃木市の「まちづくりファンド」に寄付しています。

たくさんのお客様でにぎわう大会会場
地元ラジオ局のマスコットキャラクターも

こども職人体験

街びらきのイベントや幼稚園のバザーなどで開催しています。「大工編」として実際に構造材に使用している材料でミニチュアの構造体を作ったり、「基礎編」として電動のショベルカーの模型でカラーボールをすくい土を掘る模擬体験をして子供たちに家づくりに触れてもらっています。

職人さんと一緒にピンを打つ子供職人
土をすくう模擬体験をする子供職人

消防士さん体験

消防署に協力をいただいて地域の子供たちとの交流イベントを開催しました。放水の模擬体験や消防車に触れる体験を通して防災意識を感じてもらっています。

消防士さんと一緒に放水の模擬体験
消防車の前で記念撮影

星野遺跡の見学ツアー

栃木市内にある縄文時代の遺跡で現代の住宅のルーツとなった縄文時代の復元住居の見学ツアーを行っています。また、社員や協力業者様と一緒に公園の清掃と老朽化した設備などの修復作業を行いました。

星野遺跡見学ツアー
職人さんによる囲いの修復

綺麗な街づくり活動

地域住民との清掃活動

栃木市内の巴波川や永野川で地域の住民の方々を一緒に清掃活動を行いました。伸びた雑草の刈り取りや水害後、河川敷に蓄積した草木やごみの清掃活動を行いました。

土手の草刈り
側溝にたまった枯葉の撤去

大平山の清掃活動

太平山山頂の太平山神社や参道のあじさい坂、見晴らし台などで落ち葉掃きやゴミ拾いを行いました。

太平山神社の境内の清掃
階段の足元の落ち葉の清掃