オトで変わる、ヒトの暮らし。otodan オトダンネツ

なんか違うかも♪
© MARUWA-JYUTAKU. All Rights Reserved.

オトダンネツとは

安心と快適に加え“静けさ”を生み出す構造体

オトで変わる、ヒトの暮らし。

何かに集中するのに必要なコトとは。
大切な人と過ごす時間に必要なコトとは。
安心して暮らすために必要なコトとは。

仕事、団らん、休息、そんな暮らしのサイクルの
一つ一つを大切にしたい。
家族みんなが目の前のことにしっかり向き合える。
そして、お互いにも向き合える。
家をそんな場所にしたい。

だから、災害に負けない強い家をつくることや、
一年を通して快適な室温を保つことと同じように、
暮らしの「音」にも向き合いました。

外に音が漏れないこと。外の音が聞こえないこと。
家の中での静かな時間や、静かな場所。
それは家族みんなが心の中で求めていたこと。

オトダンネツ

3つのスペシャリティ

オトダンな暮らし

オトで変わる、家族みんなの暮らし

オトの実験

オトダンの遮音性能を検証

MEMO
暮らしの中の
オトのレベル

WHO(世界保健機関)では、最適な睡眠環境30dB以下を推奨値とし、許容限度を45dB以下としています。
※単位=dB(デシベル)

ウチとソトの実験

※実験の会場:【オトダンネツの家】自社物件(セルローズファイバー断熱材仕様)、【その他の家】自社物件(グラスウール断熱材仕様)

※本実験では、音源からの距離は近似の環境で行っていますが、部屋の大きさ・家具の量など環境が異なります。

※数値は比較検証による遮音性能です。防音室のように音が聞こえなくなるわけではありません。また、空気伝搬音や衝撃音など音の種類によって体感が異なります。

ウチとソト+ウチとウチの遮音 オトダンネツ ダブルのオトの実験
「オトダンネツ ダブル」は、家の内と外だけでなく
家の中の生活音にも配慮したオプション仕様です。
ウチとウチの実験(1階→2階)

※実験の会場:【オトダンネツ ダブルの家】自社物件(ウチとソト+ウチとウチのオトダン仕様)、【オトダンネツの家】自社物件(ウチとソトのオトダン仕様)

※本実験では、音源からの距離は近似の環境で行っていますが、部屋の大きさ・家具の量など環境が異なります。

※数値は比較検証による遮音性能です。防音室のように音が聞こえなくなるわけではありません。また、空気伝搬音や衝撃音など音の種類によって体感が異なります。

テクノロジー

「どこが違うの?」
そんなオトダンの構造をご紹介

構造材 JWOOD工法・LVL

品質にバラつきがなく一定な木材『LVL』を、専用の金物で結合する『JWOOD工法』。経年による劣化を防ぎ、新築時の強度を長く保つことができます。

断熱材 セルローズファイバー

天然の木質繊維を高気密で施工することで、遮音性や断熱性といった効果を発揮。さらに高い調湿・耐火・防蟻・防虫性能をあわせ持つ多機能断熱材です。

高い耐震・耐久・断熱・遮音性能を兼ね備えています。

他の断熱材・工法との性能比較

『セルローズファイバー』は、他の断熱材と比べて各種性能が優れています。さらに、『JWOOD工法』を採用する
ことで構造材と断熱材の経年変形を小さくし、セルローズファイバー本来の性能を長期間に渡り保ち続けます。

静かな空間づくりのために

  • 「セルローズファイバー」
    の遮音・吸音性能
    セルロースファイバーは空気を含んだ細かな穴があり、テレビの音や話し声などあらゆる音を吸収してやわらげます。
  • 2階から1階に響く音を
    シャットアウトする「3重床構造」
    遮音・断熱・クッション効果の高い下地材を重ねた「床コンビボード」を用いて、室内や階下に響く足音や物音をやわらげます。
  • 3重床構造との相乗効果で
    さらに音を抑える「防振吊木」
    優れた防振性と耐久性を誇る強化樹脂でつくられた吊木。2階の桁材と1階天井部をつなぎ、上階からの振動を小さくします。

快適な空間づくりのために

  • 「一年を通して家全体が快適な温度
    隙間のない施工により断熱性が高く冷暖房効果もアップ。少しの空調で家全体を快適な温度に保ちます。光熱費が節約でき、部屋と廊下などの温度差を小さくすることでヒートショックなどのリスクも軽減します。
  • 人と家のカラダにやさしい湿度
    セルローズファイバーが持つ調湿機能が結露を抑えることで、ダニやカビの発生を防ぎ、人の健康を守ります。また、結露による断熱材の沈下を防ぎ断熱性能を長期間維持します。さらに、湿気による家の劣化を軽減します。
セルローズファイバーについて詳しく見る

地震への強さと長寿命のために

  • 強い壁で建物を守る
    「耐力面材」
    在来工法のような点でなく面で負荷を受け止め壁面全体で地震力・風圧力を分散することで接合部への力の集中を緩和します。
  • 木材本来の強さを引き出す
    「金物工法」
    接合部に専用の金物を使用することで、木材本来の強度を保ち、さらに完全乾燥のLVLと組み合わせることで経年による割れや収縮を抑えて長期に渡って安定した強い家を維持します。
  • シロアリから家を守る
    「JWOOD EX」
    家の1階部分には防蟻・防腐薬剤を高圧で注入する乾式注入方式を採用。薬剤を材の中心まで浸透させたLVLは、半永久的に薬剤の効果が持続し、家の長寿命化を実現します。
JWOOD工法・LVLについて詳しく見る
資料請求・お問い合わせ オトダンの商品を見る