MENU OPEN

住宅性能評価

住宅性能評価は住宅の成績表

国に登録されている第三者機関が『評価方法基準』をもとに評価したものです
今まで、住宅事業者がうたう「高品質」「強耐震」等には基準がなくレベルもバラバラである為、比較ができませんでした。「住宅性能評価」は住宅の性能を等級や数値でわかりやすく表示。住まいを建てるときに、希望する性能のレベルを指定でき購入時には物件の性能を比較して選ぶことができます。

構造の安定

地震・災害時の倒壊しにくく
損傷を受けにくい家

構造の安定とは、柱や壁、基礎などの強さを評価し、地震等の力でどの程度まで損傷を受けたり壊れたりしないかを評価したものです。

温熱環境

冷暖房を効率的に行うための
省エネ性能が高い家

住宅の性能で、冷暖房などに使うエネルギーの消費量がどの程度減らせるかを評価したものです。

劣化の軽減

年月が経っても土台や柱が
あまり傷まない長持ちをする家

建物の構造躯体の部分に用いられる木材のシロアリ対策や建物の劣化(木材の腐朽等)のしにくさを評価したものです。

維持管理への配慮

取り替え・補修等が必要な部分の
点検・清掃・補修のしやすい家

維持管理の配慮とは、配管の清掃や補修のしやすさ、更新対策等の更新工事を軽減するための対策を評価したものです。

※ZEH対応、長期優良住宅について詳しくはお問い合わせ下さい。
その他の項目:火災時の安全・空気環境・光、視環境・音環境・防犯・高齢者等への配慮