2022.04.06

おうちのこと

【忙しい共働き夫婦へ】失敗しないための家づくりとは?

【共働きの割合が増加中!

共働きの世帯・夫婦の割合が専業主婦家庭を大きく上回り、

大幅に増えた理由は、日本の制度や社会の意識の変化が大きく関係しています。

①女性の大学進学率アップ

性別役割分担意識の変化

世帯所得の減少

④女性も働きやすい環境が整った

女性の大学進学率アップに伴う雇用形態の変化、「夫は外で働き、妻は家庭を守る」という考え方の変化、バブル崩壊や国の税金制度の変化などが大きく影響し世帯年収が年々減少傾向にあること、そして何よりも1985年に男女雇用機会均等法が定められ2007年には法改正がプラスされました。この流れにより、男女差別がなくなったり、女性労働者への待遇が良くなるなど女性が生き生きと働ける職場が増えたことも共働き夫婦が増えた要因と考えられます。

 

 

なぜ日本はこれまで共働きが少なかったのか?

これまでの日本で共働きの割合が少なかった理由としては、以下の通り先ほど挙げた共働きが増えた理由と深くかかわっていると考えられます。

  • 性別役割分担意識が浸透していた

  • 夫の給料だけで生活できる年収が受け取れていた

  • 女性が働ける環境が少なかった

  • ワーク・ライフ・バランスが取れない環境

やはり、共働きできる環境ではなかったことが、日本で共働きが少なかった大きな理由であると推測されます。また、女性のワーク・ライフ・バランスの悪さも要因のひとつでしょう。男性の家事・育児に関わる時間の割合は、平成28年においてもワーク・ライフ・バランスの先進国に比べると水準が低いです。

そのため、過去の日本は女性が「仕事をしたい」と思えない環境にあったと推測されます。しかし、そのような環境があったからこそ女性も働きやすくする動きがあり、共働きが増え続ける現代があるともいえます。

 

【共働き夫婦の家づくり成功法とは?

共働き夫婦にとって、一番難しいのが「仕事」と「家事」の両立だと思います。

出社のタイミング、帰宅時間の相違、得意不得意の家事など夫婦でどのように家事を分担するのか難しいですよね?

そこで、共働き夫婦が家づくりを考えた時のポイントをご紹介します!

 

①洗濯のタイミングと動線

おすすめなのが、洗濯をする空間→ランドリールームを別にする間取りです。

洗濯の動線と入浴の動線が交わらないことは、お互いのストレスを軽減させ、時短にもつながります。

ランドリールームに普段着る洋服などの収納も出来ると、洗濯→干す→片づけるもスムーズですし、洗濯仕事を夫婦でシェアしやすくなります。

 

②動線と広すぎず狭すぎずなキッチン

左右からキッチンに出入りできるアイランドキッチンは、夫婦で料理や片づけを一緒にしていても、お互いが邪魔にならず効率的に動くことができますし、これこそが時短につながります。

 

また、キッチンと背面の食器棚との通路幅を、夫婦でキッチンに立つことを考慮して広く希望する方が多いのですが、広すぎては逆に効率が悪くなってしまいます。食器を片づける際に後ろを振り返って1歩で届く距離が一番効率よく動けます。

 

共働き仕様の収納にしましょう

忙しい共働き家庭にとって、手が届きやすく、返しやすい収納はとても重要です。
動線に沿って、手が届きやすい、置きやすい収納を作りましょう。ポイントは以下の通りです。

1・収納で重要なのは奥行き
2・必要以上に買い足さないように、物ごとに指定席を作る
3・見やすく出し入れしやすい収納にする
4・インテリアを決める前に収納を考える
5・とくにダイニングにはたっぷり収納が必要

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

今回紹介したことをぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

丸和住宅では、詳しい話を聞きたい方は無料でご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。(ご希望があればオンラインでのご相談も可能です)

お問い合わせ:コチラをクリック

電話番号:0120-08-4118
 

ー------------------------

 

≪注文住宅・建売住宅・分譲地情報≫

 

≪高性能×低価格×高耐震の建売住宅≫

 

≪丸和住宅の安心&安全の分譲地情報≫