MENU OPEN

2020.03.02

おうちのこと

湿気対策

三寒四温という言葉がぴったりな季節になってきましたね。
徐々に春の近づきを感じるとともに花粉の近づきも感じます。

今の季節は一雨ごとに暖かくなると言われるように、だんだんと湿気の対策も必要になってきますね。

娘さんのいるご家庭では雛人形の収納場所も気になるのではないでしょうか。
五月人形も同じくですが、こういった年に1回ないし数回しか使用しないものの収納は、タンスの上段など、手の届きにくい場所にすると便利です。
手の届きやすい場所は、衣類や座布団など使用頻度の高い物を手前から収納していき、手の届きにくいところに使用頻度の低い物を収納します。

年に数回しか出し入れしない場所には湿気も溜まりやすいので、防湿・防カビシートなどを使用しましょう。
人形の箱の中には防虫剤も忘れずに。

更には建材でも湿気の対策がされたものもあります。

現在、丸和住宅で標準採用している断熱材の『セルローズファイバー』です。
新聞古紙が主原料なので、紙に含まれる木質繊維が湿気を調整してくれます。
-> 人と環境に優しいセルローズファイバー断熱材

室内の壁に使われる石膏ボードにも調湿できるものもあります。
当社の標準ではないのですが『スカットボード』などの製品名で販売されています。

寝室などは特に湿度が気になる場所でもあります。

快眠には室温以外に、湿気がとても深くかかわっていると言われています。
一般的に50%程度が快眠に適しているそうです。

断熱材や石膏ボードのように壁の中の物でなくても、調湿機能を持っているものもあります。
『エコカラット』のようなインテリア建材です。
寝室のアクセントとして使われる方も多くいらっしゃいます。

湿気の原因は様々です。

観葉植物や水槽なども湿気の発生源になるので風通しや陽当たりに気をつけましょう。
ぬいぐるみなどの布製のおもちゃも同様です。カビの発生源になってしまいます。
部屋の隅にたまったホコリも湿気を抱え込みます。

こまめな掃除と換気をよくするとともに、扇風機なども併用して空気を巡らせることで湿気の対策になります。
これからの季節を快適に過ごすために是非参考にしてください!