MENU OPEN
お客様インタビュー

空間を遊ぶスキップフロアの家

栃木県宇都宮市

モダンな2階建のお住まいは、吹き抜けにスキップフロアを配した空間を遊んだ間取り。階段の途中にあるスキップフロアは、パソコン作業など集中したい時に嬉しい小部屋として活用。さらにその下を収納スペースにすることで三階層になった縦の空間を有効活用しました。開放的な大空間を実現しつつ、水回りの家事に便利な広い動線も確保。フットサルを楽しめる広いお庭までできて、これからの暮らしが楽しみなお二人です。

Q&A

丸和住宅でお家を建てようと思った決め手は何ですか?
結婚して生活も落ち着いてきてので、次は「家」かなって。家賃ももったいなかったので、早めに戸建てを購入したいなとまずはスーモカウンターへ。「住宅の性能を重視してハウスメーカーを選びたい」と相談したところ、勧めていただいたのが丸和住宅です。職場の先輩から「家を建てるときに丸和住宅に相談した」という話を聞いたことがあったので興味を持ちました。
最終的に丸和住宅を選んだ決め手は、担当の営業さんの知識量です。私たちでは考えつかないようなプランをたくさん提案してくれましたし、根拠もしっかりあったのでこの人なら任せられると考えました。家を建てるために、親族から駐車場などに使っていた土地を購入したので造成工事が必要だったんですが、そこから丸和住宅にお願いできたのもポイントでした。担当の営業さんが敷地調査や測量までしてくれたので、安心してお任せできました。
家づくりのプロセスで印象に残っていることは何ですか?
一番のお気に入りはスキップフロアです。友達の家にスキップロアがあり、吹き抜けの気持ちよさが素敵だなあと憧れていたんですよ。でもLDKが狭くなるのは嫌だったので、広くて見栄えがする間取りを営業さんに相談。さらに耐震性も最高等級になるプランを考えてもらいました。
畳ルームも別空間を演出しつつ広く感じられるよう、折り上げ天井にしてもらったり吊戸棚の高さを工夫。吊戸棚は既製品をわざわざカットしてもらったんですよ。
洗面・脱衣所も広く使えるようこだわりました。また私たちの生活スタイルに合わせて提案してくれた、ガス乾燥機がとても便利で重宝しています。
家の中のこだわり・お気に入りポイントはどこですか?
私たち夫婦はフットサルが共通の趣味なので、自分の家の庭でリフティングなどのちょっとした練習ができるようになったのが嬉しいですね。庭はぎりぎりまで広くしたかったので、敷地内の建物の位置もこだわったんですよ。また主人はロードバイクも趣味なので、自転車を置いても余裕な玄関土間の広さを喜んでいます。
室内での暮らしも以前より快適になりました。エアコンが苦手なので、冬場は床暖房をメインに使いました。空気が乾燥しないし、温度差が少ないのであまりエアコンをいれなくてよくなりました。また当たり前のことかもしれませんが、以前の住まいではリビングで食事をしていたのがダイニングでとれるようになったのが嬉しい変化です。主人も新しい住まいでの暮らしが心地いいのか「早く家に帰りたくなった」と言っています(笑)。
新しい家でこれからしたいことはありますか?
強いて言えば、ファミリークロークを作っておけばよかったかな…ぐらい? でも収納スペースをたくさん設計してもらったので困ることはないかな。これからは荷物を整理整頓して、家族が増えたときに備えたいと思っています。
これから家づくりをはじめる方へメッセージをお願いします。
家をつくるときは、生活動線や収納に何を置くかなど、具体的に生活をイメージしてしっかり考えるのが大事。SNSなどを利用して参考にしたいデザインやインテリアを探すのもいいと思います。
あとはわからないことや不安なことは営業担当者さんにどんどん聞くことですね。迷ってしまうと家づくりが進みません。営業担当者さんに相談する、自分たちでは思いつかないアイデアをどんどん出してくれるので、漠然としたイメージが具体的になりますよ。
営業担当から一言
趣味の多いお若いご夫婦でしたので、ワクワクできる間取りを心掛けました。さらに限られた敷地でしたので、横の広がりだけでなく、縦の空間を有効利用することで広く感じる間取りに仕上げていきました。また、しっかりした考えを持つお客様でしたので、無駄が無いように収納スペース等を一緒に打合せできたのが楽しかったです。「永く・楽しく」暮らして頂きたいです。
建築場所 栃木県宇都宮市 家族構成 夫婦 建築規模 木造2階建て
延床面積 125.65m²(37.94坪)  1F 67.69m²(20.44坪)  2F 57.96m²(17.50坪)