MENU OPEN

2020.11.22

おうちのこと

脳科学に基づいた家づくりのポイント:リビングの3種の神器って?

丸和住宅が推奨している子供の脳力を伸ばす家づくりには「リビングの3種の神器」と言われているアイテムがあります。
それは【図鑑】【地球儀】【植物】です。以下にそれぞれを解説します。
 
 

子供の脳力を伸ばすリビング3種の神器

 

その1【図鑑】

図鑑は好奇心を非常に刺激します。興味を示さなかったときはまず親が楽しそうに読む姿を見せるだけでも大丈夫です。そうして興味を持ったらなら今度は外に出て本物に触れましょう。昆虫が好きなら虫取り網を、電車が好きならカメラや時刻表を持って出かけてみましょう。子供の世界が一気に広がります。

 

その2【地球儀】

地球儀はテレビの横に置いておくのがオススメです。ニュースなどで気になる国や地域をすぐに調べられる環境を作ってあげることで、気になったことを調べる習慣が身に付きます。また、地理的な感覚も育むことができます。同じように日本地図などもオススメです。

 

その3【植物】

リビングの観葉植物だけでなくウッドデッキなどの家庭菜園もオススメです。見聞きした情報に加えて自分で植物を育てることで観察する力や主体性を育むことができます。

 

以上のアイテムを使い、図鑑で見た花や虫を実際に見たり触れたりすることで、子供の中で「ヴァーチャルな知識」と「リアルな知識」が結びつき、「知ること」に純粋な楽しさや喜びを感じるようになります。それが良い刺激となり子供の脳により成長をもたらします。

 

詳しくはこちらのページへ

→ 子育てママ必見!家づくりで子どもの脳力に差がつく?!
さらに詳しいパンフレット「最新エビデンスが導く 子どもがぐんぐん賢く育つ住まいと暮らし」も無料でプレゼントしています♪