間々田紐に挑戦!

間々田紐ってご存知ですか?

DSC_2101

 

 

 

 

組紐に興味を持ったきっかけは

昨年話題になった映画『君の名は』を見た後です。yjimageECU9AA2A

 

 

 

 

 

ヒロインの女の子が髪を紐でしばるシーンがあり、

「子供に同じ組紐をつけてあげたい」がスタートでした。

 

同じような組紐をいろいろ探したのですが、DSC_2040

気に入ったものが見つからずおもちゃのキットで作成。

まあまあ上手に出来ました。

 

今度は、子供が作りたい!!

という話になり、体験できるところを探していたら、

以外にも近くの小山市で『間々田紐』のお店を発見!!DSC_2103

大正11年から続く老舗でした。

一番簡単な4つ組に挑戦!

いい感じに出来ましたv(^^)

 

手づくりのものって愛着があっていいですよね!

丸和住宅でも職人さんたちがひとつひとつ丁寧に作業していますよ。

また、4/2(日)に片柳町で街びらきのイベントを開催します。

子供職人の体験型イベントもありますので、ぜひお越しください。

 

新聞紙の断熱材

企画設計部の吉澤です

yjimage

毎朝、新聞を読みますか?

わたしは日課になっており、

新聞を読んでから出勤しています

そんな新聞紙が断熱材になっちゃうんです!

 

新聞紙が断熱材?と驚く方もいらっしゃると思いますが

とっても性能の良い断熱材なんです

20170203115813_00001

新聞紙が原料の断熱材『セルローズファイバー』を使用した建物を

運動公園北の分譲地に建築中です

 

4月に見学会を予定していますので、その性能の違いを体感ください!

 

 

 

 

中学生の職場体験

先日、中学生が2名職場体験にやってきました(^^)

男の子は現場監督に、女の子は設計に興味があり、丸和住宅に来てくれました。

中学生とどんな会話をしようかな?と、考えていたのですが

私が想像していたよりも二人ともしっかりしていて大人でした。

 

各展示場やプラザを見学した後は

現場監督のお兄さん、設計のお姉さんにいろいろと教えてもらっていました。

設計では、一緒に役場まわりをしたり

パソコンでパースを作ってもらったりしました。

かなり熱中して画面に食いついていました。

二人ともセンスがあって、将来が楽しみです。

でも、わかりやすく教えるって難しいですね。

最初はなるべく専門用語を使わずにやっていたのですが、知らず知らずのうちに・・・。

私にとっても良い体験となりました。

また、遊びに来てくださいね!

 

一寸法師は約何センチか覚えてもらえたかな??

 

総合展示場プレオープン!!

いよいよ総合展示場がOPENしました。

等身大モデルハウスを楽しく見学できる

エンタメ型の展示場ということで、その一部をご紹介します。

IMG_1270

入り口ではペッパーくんがお出迎え!

どんな案内をしてくれるのかな!?

IMG_1272

黒板壁のおえかきコーナーでは

お子様たちが自由な発想で楽しくおえかき!!

IMG_1275

一番人気はマルワトレイン!!

みんなの夢を乗せて、レッツゴー!!

トンネルの中はどうなっているのかな!?

 

と、ほんの一部を紹介しましたが

もっともっと楽しい仕掛けがあります。

ぜひ、足を運んで体感してみてくださいね。

 

家庭菜園

yjimage

最後は美味しく頂きましたv(・・)

って、何のことでしょう!?

 

 

先日、子どもたちと一緒に野菜の収穫をしました。

まずはとうもろこし!

実がふっくらしてきて、髭が茶色になってきたら

ただもぎるだけなので簡単、簡単。

少し色が薄いけどとっても美味しそうです。

DSC_1314 DSC_1315

 

つづいてジャガイモ!

少し掘ると「私が採る!」と、子どもたちが群がってきました。

1番下の子はなかなか採れません><

と、その時 ~ ニョロ ・・・。

ミミズだぁーーーーーーーー!!!!!!

その隙に一番下の子もジャガイモをゲット!

男爵とメイクイーンたくさん採れました。DSC_1327 DSC_1332

そして、最後にじゃがバターにしていただきました。

自分たちで作ったものって美味しく感じますよね。

次は、何を育ててみようかな・・・!?

 

SW(スーパーウォール)の家

先日、LIXILさん主催のセミナーに参加してきました。

その中で、ある大学の教授・博士の方のお話を聞きました。

【健康から考える省エネ住宅】というセミナーだったのですが、その中で

今は、『いってらっしゃい、気を付けて!』ではなく『お帰りなさい、気を付けて!』の時代

とおっしゃっていました。

・・・なんのこと?

死亡事故で交通事故(家の外)よりも家の中での事故が多いということみたいです。

その原因のほとんどがヒートショック(温度差)。

では、ヒートショックを少なくするにはどーしたらいいのでしょう??

そんな問題を解決できるSW工法のモデルハウスが、

栃木市大宮町に完成しましたので、ぜひ見学会にお越しください。

4/25(土)からの予定です。

 

 

私も勉強して来ました


今、話題の省エネ住宅ポイントの説明会に参加して来ました。
エコポイントの時と何が違うのだろう?

なるほど、こんな家が対象なんだ。

リフォームも幅広く対象になってるんだ。

こんな基準をクリアしなくてはいけないんだ。

ポイントはこんなことに使えるんだ。

・・・・・と、頭にたたき込んできました。

3月より(予定)申し込みがスタートするようなので

準備を整えて、お客様に伝えていきたいと思います。

詳しくは、気軽に丸和住宅にお声掛けください。

窓の進化


みなさんの家の窓のガラスは何枚ですか?

今、世界的にエネルギーのムダ使いを減らし、
低炭素社会を実現しようと動きがあって
日本の断熱性能の基準が上ってきています。

私が生まれたころは、シングルガラスがあたりまえ。
建築の仕事をするようになってからはペアガラスが主流に。
そして、Low-E複層ガラスになり。
これからは、もしかするとトリプルガラスが・・・。
ちなみに、
日本家屋の窓は、欧米諸国と比べて種類が多彩なことが特長で、
日本が北から南まで2000kmもの長い形をしていることや、
四季の変化が明瞭であること、そして、古くから農耕が発達し、
「自然と共生」してきたことが大きく影響したそうです。
その昔、日本では柱と柱の間の戸を「間戸(まど)」と
呼んでいて、夏は高温多湿、冬は寒さの厳しい気候の中で、
風や光を上手に採り入れ、外側の自然と、内側の暮らしが
心地よくつながるために、大きな開口の窓や、掃出し窓、
引戸などの多彩な窓が住まいに用いられてきました。

先日行った、リクシルさんの来年に発売する新商品説明会の
中で、驚きの商品がありました。
なんと、トリプルガラスのサッシが!!
普通に考えると、すごく重くなりそうなイメージが、
でも、さすがリクシルさん技術でそこをカバー
トリプルガラスがあたりまえの時代が来るのでしょうか!?
よ〜く検討したいと思います。

『takagi』って知ってますか?


先日、工場研修に行ってきました。

タカラスタンダードさんのキッチンで採用している
水栓メーカーの『takagi』さんの工場です。
タカギさんの理念は快適に潤い豊かな生活を提供する。
まさに、その通りの商品だと思います。

高城代表のお話をいただいた後、工場見学をしました。
初めて見る機械で、厳しいチェックが行われていました。
商品の品質管理はもちろん、アフターフォローの体制にも
とても驚かされました。

浄水器カートリッジの定期交換メンバーになると
蛇口本体を10年も保証してくれるなんて
とっても、お客様思い!毎日使うものだから安心できる!

自信を持ってお客様に薦めていこうと
改めて思った研修になりました。

タカギさんのCM見て下さい

なんか心があたたかくなりませんか!?

いえ【家】


先日、東京ガス横浜ショールームに行って来ました。
目的は、エネファームのお勉強!

『エネファーム』ってご存知ですか?

家庭用燃料電池コージェネレーションシステム
の愛称なんですが、ガスから水素を取り出し、
反応させて発電するシステムで、
発電時の排熱を給湯に利用できます。

なんか難しい・・・・?
感じがしますが、
これから普及が進むであろう発電機(給湯器)です。

どんな時代が来るのか楽しみです。

ショールームには体験コーナーが多数あり、
とても楽しめます。
とくに、くらべるハウスは
80年代の家と、現代の家がリアルに再現されていて
楽しく体感できました。

また、もらった小冊子の中に
当たり前のようなことが書いてあるんだけど、
心にジーンとくるものあったので↓載せてみました
いえ【家】っていいですね。