丸和住宅

MENU OPEN

法令基準を大きく上回る
強い土台を構築

  • 構造体を活かす法令基準を大きく上回る
    「丈夫な基礎」を標準化

    基礎の強度は建物の強度に直結します。丸和住宅では、使用する鉄筋のサイズから基礎の厚みに至るまで建築基準法を大きく上回る基礎を構築。地盤調査と合わせて安心して暮らしていただくために一切妥協のない丈夫な基礎をつくっています。

  • 基礎の弱点となる換気口を無くす
    「基礎パッキンロング」

    従来の工法では基礎の長さ4mに対して300㎠の換気口を確保。しかし基礎パッキンロングで土台を2cm浮かせることにより4mに対して800㎠の換気部分を確保可能に。基礎の弱点となる換気口を無くし、通気量が約2.5倍になります。