丸和住宅

MENU OPEN

断熱の要となる2つの部位を
しっかりカバー

  • デザイン性×断熱性×省エネ性。
    「アルミ」+「樹脂」+「複層ガラス」の高性能窓

    2層のガラスの間に16mmの空気層を設けて断熱性・防音性の両方を向上。サッシには丈夫なアルミ素材と、屋内や他部位と直接接触する部分には樹脂を採用しています。樹脂はアルミに比べ断熱性に優れ、約1000倍も熱を伝えにくいといわれています。それにより結露を防ぎ内装材の腐食を防止します。

    赤外線を跳ね返す「Low-Eガラス」

    ガラスの室外側に特殊金属膜をコーティングする事で夏は日射熱を約60%カットし冷房効果をアップ。さらに紫外線をカットし日焼けを抑えます。冬は室内の暖房熱を外に逃がさず暖房効果をアップし省エネに貢献。さらに外気が伝わりにくくガラス面の結露も防ぎます。

  • 真夏の外気温を跳ね返す「屋根・壁の遮熱」

    遮熱透湿防水シートで耐力面材を覆い壁の中に熱が溜まらないように太陽の熱を反射させます。さらに屋内の湿気を外に逃がしつつ外からの雨水を防ぎます。アルミ蒸着したシートの表面は最大75%も赤外線を反射し屋内への熱の伝導を防ぎ冷房効率をアップします。

    夏だけではなく冬も快適な暮らし」

    冬の寒い時期は室内の熱が外へ放射してしまいますが、アルミ蒸着したシートが室内の熱も反射して暖房効率をアップします。