代表挨拶 | 株式会社丸和住宅-栃木市・鹿沼市・小山市の新築はお任せください。

丸和住宅

MENU OPEN

代表挨拶

地元、栃木をもっと楽しく。栃木の方に喜びを。

一人ひとりのお客様に真摯に向き合い、
心を込めて家づくりに取り組むことで、お客様や地域の皆様、
そして一緒に働く社員たちとの「絆=丸い和」をつなぎ続けていきたい。
そんな想いのもと、私たち丸和住宅は、品質にもサービスにも妥協することなく、
「お客様が心から喜ぶ顔」を求め続けています。
それこそが、半世紀以上にわたり地元・栃木において
街と家をつくり続けてきた、私たちのプライドです。
私たちはこれからも、この街に暮らす人々とともに喜びをわかち合うために。
よりよい街づくり・家づくりを目指し続けてまいります。

大森克則

株式会社 丸和住宅
代表取締役 大森克則

[生年月日]1976年3月1日
[出生地]粟野町
[星座/血液型]うお座/A型
[出身校]栃木市立吹上中学校卒業
[経歴]27歳で社長就任
[性格]負けず嫌い
[趣味]老舗旅館の「おもてなし」探求

代表の想い

家づくりで大切なこととは何だろう?私たち丸和住宅は設立以来、この問いに向き合い続けてきました。
そして導き出したのが、地元・栃木の街と人と暮らしをみつめるということです。

  • 一人でも多くの方々に、
    「心から楽しめる家づくり」を提供したい

    誰もが建てられ、誰もが楽しめる家づくりを提供すること。私たち丸和住宅が大切にしている信念です。ご存知の通り、家は人生でもっとも多くの時間を過ごす場所です。だから、賃貸住宅のように「家に暮らしを押し込む」のではなく、暮らし方にフィットする家で、喜びあふれる日々を過ごしてほしいと考えています。豊富な商品ラインナップを取り揃え、デザイン・間取り・水まわり設備などに多彩な選択肢をご用意しているのは、そのためです。また、シンプルで明快な価格設定もこだわりのひとつ。ライフスタイルや予算に合った楽しい家づくりをご提供します。

  • 本当に良い家づくりは、「お客様を第一」
    に考えなければできない

    お客様を第一に考える。当たり前だと感じられるでしょうが、住宅会社によっては自社の利益ばかりを追求し、コストや効率などを優先してしまう会社もあります。もちろん、私たち丸和住宅も営利企業として利益を追求しています。しかし、そのことと「お客様第一」という想いは、じつは矛盾しないと考えています。お客様の立場に立って真摯な姿勢で取り組むからこそ、本当に良い家づくりができて評価が高まり、結果として新しいお客様と出会える。栃木市No.1の住宅会社として、「お客様第一」はそんな好循環を生むということを知っているのです。

  • 一生に一度の家づくりを、
    「ご家族の大切な思い出」にしてほしい

    家づくりは、ご家族にとって一生に一度の大きなイベントです。いろいろとお悩みも出てくるでしょうが、共にじっくり考えて壁を乗り越えていけば、きっと家づくりの楽しさ、ご家族の大切さをあらためて感じることができることでしょう。私たち丸和住宅は、そのようなかけがえのない家づくり体験を、忘れられないご家族の楽しい思い出にして欲しいと考えています。だから、ただ完成を急ぐのではなく、家づくりのプロセスも大切にし、一つずつじっくりと進めていきましょう。その思い出は、いつかきっと、絆という名のご家族の「丸い和」になるはずです。