丸和住宅

MENU OPEN

火に強い家づくり
「省令準耐火構造」

  • その秘訣は、空気の流れを遮断し
    上階への火の燃え広がりを防止する
    「ファイヤーストップ構造」

    ファイヤーストップ構造は、言葉のとおり「部屋から火を出さない」「火をもらわない」「火が出ても延焼を遅らせる」という3つの考えに基づいた対策が施され、火災時に避難時間を十分に確保できる、公的に認められた構造です。

    • 外部からの延焼防止

      屋根・外壁・軒裏に不燃材を使用し、火の粉による延焼を防止。

    • 他の部屋への延焼遅延

      壁の内側・天井の火の通り道に「ファイヤーストップ材」を使用。

    • 各部屋の防火

      各部屋を区画する構造で、他室への燃え広がりを最小限にする。

  • 優れた防耐火性能をそなえた
    「ダイライトMS」でさらに耐火UP

    火が燃え広がりにくい構造に加え、「ダイライトMS」が近隣からの延焼を防ぎ、火災から大切な家族や資産を守ります。ダイライトMSは燃えにくい無機質素材であり、準不燃材料として認定されています。また防火構造や準耐火構造の認定も取得。家族が安全に避難できる時間を確保します。

  • 一般的な木造住宅と比べて火災保険も割安になります