丸和住宅

MENU OPEN

ニュース&ブログ

2017.10.29

丸和の日常

誰のためにつくるのか?

営業部の手束です。
10月27日を持って新しい形となりました本ホームページですが、
至るところに「誰のためにつくるのか?」というキャッチコピーが出てきます。
この言葉はブランドシンボルと言われるもので、丸和住宅がこれから目指していく目印となるものなんです。

今まで掲げていた「すべてはお客様に喜んでもらうことから始まる」という言葉から変わっちゃったの?
と感じた方もいると思いますが、安心して下さい。変わっていません。

誰のためにつくるのか?という答えは勿論「お客様の喜びのため」なのですが、
そこからもう1歩、もう2歩と踏み込んだキャッチコピーなのです。

何のために家を建てたいですか?と尋ねれば、殆どの方が「家族のために家をつくりたい」だったり、
「夫婦のためにつくりたい」「自分のためにつくりたい」という答えだと思います。

そんなおおまかな全体像から個人に目を向けて、「誰のためにつくりますか?」と尋ねれば

「子どものため」だったり「ママのため」だったりと言葉が出てきます。

しかし百人十色の世の中ですから一口に「子どものため」といっても沢山あります。

「引っ込み思案な弟」、「男勝りでやんちゃな妹」、「ママが大好きなお姉ちゃん」、「パパが大好きなお兄ちゃん」

暮らす人がそれぞれ違うから、提案したい家もそれぞれ変わります。

丸和住宅では誰のために作るのか?という答えの愛する人の名前の前に、言葉を添えられるほど
お客様と寄り添って家づくりをしたいと考えています。

家づくりをしている中で、誰のための家なのか。

少しでも迷った方がいましたら是非丸和住宅にご相談ください。

それを一緒に考えるのが丸和住宅の家づくりです。

過去の「丸和の日常」はこちら